WORKS

オフィス
空間演出

圧倒的な質量のグリーンを活かした潤いとやすらぎの空間デザイン(長谷工コーポレーション)

2020.6.27

マンション建設をリードする「長谷工コーポレーション」本社ビルの
1階の打ち合わせスペースとラウンジ、3階の多目的スペースの植栽を手がけました。
1階のラウンジでは「イマジネーションを生み出す空間」をテーマに、
さまざまな植物が共存するスタイルの植栽をデザインしました。
原産地、生育環境などが異なった植物が1つの場所で出会うことにより、
そこに生まれる「見慣れぬ風景」がイマジネーションを生む刺激になることを狙っています。
プランターは空間の中央に大きくレイアウトされていて、
どの席からも豊かな緑を目にすることができます。

CONCEPT

ゲストを迎えるエントランス横にある広々とした打ち合わせスペースは、
ガラス窓から注ぐ自然光が美しいホテルのロビーのような空間。
ローソファとのバランスを考え、上品かつ洗練された植栽を目指しました。
この場所では観葉植物を用いた季節感の表現を試みています。
四季毎に葉の色合いや植物のフォルムを頼りに4種類程度を選定し、
全体にバランスよく配置することで、その季節に合った空間の印象を作り出しています。

SPECIAL FEATURE

2020年に完成した3階の多目的スペースは「インナーテラス」をコンセプトに、
屋外のグリーンと引き立て合い、「内」過ぎず「外」過ぎない心地よい開放感を演出。
ワーカーが自由に集い、柔軟な発想で過ごすことにより、
新たな可能性を広げる場を目指しました。

マンション建設のプロフェッショナルであるワーカーの皆さまからは、
・見違えるほど素敵になりました
・3階の多目的スペースはランチタイムによく利用します。緑が多くて居心地がいい。
・自社で手がけるマンションの設計にも取り入れてみたい
などのご意見をいただきました。

関連事例

春爛漫に咲いた本物の桜で日本ならではの桜の情景を演出(Otemachi One)

館内を華やかに彩る装花(オークウッドプレミア東京)

「和の賑わい、江戸の粋」を感じられる壁面装飾(三井ガーデンホテル銀座五丁目)

DAIICHI-ENGEI SINCE1898