WORKS

商業施設
空間演出

たまフェスのテーマ「Summer Adventure」を表現した空間デザイン(たまプラーザ テラス)

2020.6.13

東急田園都市線の中でも乗降客数が多く、洗練された雰囲気が漂うたまプラーザ駅。
その駅直結のショッピングエリアが「たまプラーザ テラス」です。
「たまプラーザ テラス」全体で開催される夏のイベント「たまフェス」の期間中には
「Summer Adventure(サマーアドベンチャー)」をテーマにした装飾で館内の至るところを彩り、
ポイントにはフォトスポットをつくり上げてイベントを盛り上げました。

CONCEPT

切り絵作家のYUYA氏によるキービジュアルを活かした空間デザインを目指しました。
ショッピングモールの広々としたスペースには、
ピラミッドを背景にしたトリックアートによるフォトスポットと
ラクダの背中に乗って写真撮影ができるフォトスポットを用意。
多肉植物やサボテン、グズマニアなどで「Summer Adventure」の
ドライな世界観を創りあげました。
お子さま連れのファミリー層やSNSを活用する発信力のある世代に
楽しんでいただける仕掛けになりました。

SPECIAL FEATURE

施設全体の一体感を演出するため、たまフェスの世界観を大切にしつつ
キービジュアルをアレンジして各所を装飾。
利用客の目を引くように、店舗エントランスにはキービジュアルを大胆な構図で配置、
楽しげでインパクトのある装飾に仕上げました。
その他、館内の丸柱や3階テラスダイニングのステージなども
統一感のある空間デザインで彩りました。

関連事例

「笑(SHOW)」をテーマにした東京ドームシティのウィンターイルミネーション(東京ドームシティ)

「Sparkling urban forest」ビジネスロケーションの中にありながら特別感を味わえるネイチャーイルミネーション(汐留地区B街区、サンクン広場)

「ジャパンクラフト」をテーマに伝統技術を取り入れたオリジナルのイルミネーションを装飾(東京ミッドタウン八重洲)

DAIICHI-ENGEI SINCE1898