WORKS

空間演出

縁起の良い円のスペースに新春の喜びを表現したモダンな空間デザイン(東京ミッドタウン 日比谷三井タワー)

2019.4.8

さまざまな企業が入居する「東京ミッドタウン 日比谷三井タワー」。
その1階エントランスに、一年の始まりにふさわしく
新春の喜びを表現した大きなアレンジをディスプレイしました。
そこを行き来するワーカーやゲストの動線を意識して、
どの角度から見ても美しい四方見の空間装飾です。

CONCEPT

ホテルのエントランスを思わせる広々とした空間に
華鏡(カキョウ)をテーマにした縁起の良い円のスペースをつくり、
鏡面モチーフの花器を選びました。
繁栄への願いを込めた豪華なアレンジには、冬の枝と華やかな花々をあしらい、
日々変化する生花ならではの美しさを楽しめます。

SPECIAL FEATURE

大型のアレンジメントを得意とするスタッフによる
高い天井、広々とした空間と照明を活かした空間デザインです。
冬から春への移ろいや、春への期待感を感じさせる花材を選びました。
メインとなる白桃の花は、蕾から満開、散りゆく様までを楽しめます。
生花を贅沢に使用しているため、アレンジに近づくと淡い花の香りが漂います。

関連事例

Brilliant Inter City ~光のインターシティへようこそ~(品川インターシティ)

ミストファンテーブル(福徳の森)

森の風鈴小径 ECO EDO 日本橋 2022 ~五感で楽しむ、江戸の涼~

DAIICHI-ENGEI SINCE1898