WORKS

商業施設

美しい環境が未来へと続くよう願いをこめて                  木を想い、木に親しむクリスマス(モリタウン)

2022.1.24

都市型リゾートエリア“東京・昭島 モリパーク”の一角を占めるショッピングセンター「モリタウン」と、
アウトドアの魅力を体験しながらキャンプ用品やウェアが揃う「アウトドアヴィレッジ」。
2021年のクリスマスデコレーションは、“Morry Christmas!”と題し、
自然に恵まれた場所だからこそ、木を想い、木に親しむひと時を。
昭島駅のホームからも眺められるオープンモールの装飾には
生のモミの木を使った高さ8メートルのクリスマスツリー。(写真上・写真右下)
星やスノーマンのオブジェは丸太や木材をアレンジしたもの。
オブジェやカラーライティングで彩られたツリーの足元は
親しみやすく、木のあたたかみを感じさせる装飾。(写真左下)

CONCEPT

館内・光の広場のクリスマスツリーは、動物たちが遊ぶ森の中をイメージ。
たくさんの丸太を使った演出で、様々な木の表情を楽しむことができます。(写真上)
他のツリーと同様に、木のプレートにお客様からのメッセージを刻印して飾られていて、
ご自分のメッセージを探す親子連れの姿も見られます。(写真下)

SPECIAL FEATURE

アウトドアヴィレッジのクリスマスツリーやリース(写真上)など
モリタウン館内吹き抜けの手すりに設置されたガーランド装飾(写真下)も
オープンモールや光の広場とテイストを合わせ、全体の統一感が図られています。

関連事例

SDGs にも配慮した、 出逢いの春を演出するカラフルなフラワーオブジェ (東京ミッドタウン日比谷 HIBIYA BLOSSOM 2022)

温かなゴールドの光に包まれて… “こだわりの輝き”をちりばめた、       希望に満ち溢れたイルミネーション(ViNAWALK)

ストーリーのあるノスタルジックな装飾がクリスマスの街へと誘う        (たまプラーザ テラス)

DAIICHI-ENGEI SINCE1898