WORKS

オフィス
空間演出

華やかな絵巻物をイメージした優美な春装飾(霞が関ビルディング)

2020.6.2

日本で最初に造られた超高層ビルとして有名な霞が関ビルディング。
OASEEDSではエントランスに、年間を通して季節に合わせた空間デザインをご提案し、
オフィスワーカーのみなさまにお楽しみいただいています。
2020年の春装飾のテーマは「花絵巻」。
歴史ある場所にふさわしい品のある装飾に仕上げました。

CONCEPT

横長の巻物に、あふれんばかりの花々や、そこで商いをする人々、
街の暮らしや物語などを表現した絵画「花絵巻」をイメージして艶やかな演出を施しました。
伝統工芸の和傘を桜とあわせた絢爛豪華な装飾です。

SPECIAL FEATURE

2つのエントランスは色彩をわけ、「艶やか色」と「クールジャパン色」とし、
目線には花のオブジェをあしらいました。
また、散り際も美しい桜を活かす工夫も。
花の終わりが近づき、花びらが黒色の畳に落ちることで、
また違った風情を感じさせる空間になりました。

関連事例

春爛漫に咲いた本物の桜で日本ならではの桜の情景を演出(Otemachi One)

館内を華やかに彩る装花(オークウッドプレミア東京)

「和の賑わい、江戸の粋」を感じられる壁面装飾(三井ガーデンホテル銀座五丁目)

DAIICHI-ENGEI SINCE1898