WORKS

オフィス
空間演出
インドア

非日常からアイデアとコミュニケーションを生み出す空間デザイン~ポケットキャンピング~(武田薬品工業株式会社 湘南ヘルスイノベーションパーク)

2020.5.22

湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)は、武田薬品工業株式会社が研究所を開放し設立された、企業発のサイエンスパーク。60以上の企業や大学が入居し、2000名もの人々が利用する巨大施設です。製薬企業のみならず、次世代医療、AI、ベンチャーキャピタル、行政など、幅広い業種・規模の産官学が力を合わせ、医療の発展をめざしています。

企業や業界の枠を超えたコミュニケーションの活性化を目的として採用されたのがポケットキャンピング。スペースを有効活用し、さまざまな用途に使用できる大規模なキャンピングオフィスが誕生しました。
(武田薬品工業株式会社と株式会社スノーピークビジネスソリューションズとのご契約による空間デザインです。OASEEDSからは植栽をご提供いたしました)

■「ポケットキャンピング」のレンタルについて
OASEEDSと株式会社スノーピークビジネスソリューションズの業務提携により誕生したレンタルサービス。キャンプ用品とグリーンを組み合わせることで、室内外に「自然を五感で感じるアウトドア空間」を生み出します。短期から常設までご対応可能。オフィスで気軽に導入しやすいレンタルプランです。企画メニューも複数ご用意しております。
詳しくはOASEEDS事業本部までお問い合わせください。

PDF資料はこちら↓↓↓(URLをコピーしてご確認ください)
http://www.daiichi-engei.jp/wp/wp-content/uploads/2019/07/888852075f4ec3e10a3c4eb55f59c96c.pdf


CONCEPT

~アイデアが生まれるワーカーたちの憩いの場~

テントやタープ、焚火を囲むコミュニケーションスペース。それぞれの設備は軽量で持ち運びやすいため、レイアウトの変更も自在です。休憩コーナーとして、ミーティングスペースとして、またはイベントスペースとしても活用されています。

ワーカーのみなさんから評判が良く、施設を見学される方からも話題に上がることが多いそうです。「ヘルスイノベーションを巻き起こす」という湘南アイパークのコンセプトにもぴったりマッチした、革新的な空間デザインです。

SPECIAL FEATURE

~棟と棟をつなぐ、通称「ジャングルエリア」~

光が届きにくい通路スペースも、緑あふれる空間デザインで明るく変身。フェイクグリーンやアートフラワーをふんだんに使った休憩スペースを設置しました。ワーカーの皆さんからは「ジャングルエリア」として親しまれています。

話題性のある空間デザインにより、コミュニケーションが円滑に。そして心身をリラックスさせてくれる自然あふれるキャンピングオフィスは、創造力を育む場としても期待されています。

関連事例

江戸の夏を粋に乗り切る納涼空間(日本橋室町三井タワー 大ケヤキテラス)

新型コロナウイルス鎮静化と 明るい未来を願う、日本橋の七夕装飾 (日本橋室町三井タワー・日本橋三井タワー・室町東三井ビルディング)

ブランドビジョンと多様な働き方を体現したオフィス空間の植栽デザイン (三井不動産ビルマネジメント株式会社 本社)

DAIICHI-ENGEI SINCE1898