WORKS

オフィス
空間演出
インドア

スタイリッシュな空間に温かみと優しさを添える、 延べ100メートルのアトリウム植栽 (新川崎三井ビルディング)

2020.12.22

JR横須賀線新川崎駅と南武線鹿島田駅の間に位置する
交通至便なオフィスビル、新川崎三井ビルディング。

31階建ての西棟・東棟をつなぐエントランスは、
吹き抜けのアトリウムとなっています。

OASEEDSは、スタイリッシュな空間に温かみと優しさを添える、
延べ100メートルのアトリウム植栽を担当いたしました。

CONCEPT

広々とした空間を、さらに瑞々しく気持ちのよい場所に、という思いから、
緑の濃淡で色合いを統一。

ポイントとして存在感をもった赤みのある葉を配し、
さらにシルバーグリーンの葉を入れることで、
ステンレスやガラスを多用したアトリウムとの親和性を図りました。

既存のベンジャミンの鉢植えとも調和しています。

SPECIAL FEATURE

限られたスペースでも、グリーンの根元にモスシート(苔)を敷くことで
緑の密度を濃く、奥行きも感じられるよう計算しています。

アトリウムに降り注ぐ陽の光に映える植栽です。

関連事例

「Sparkling urban forest」ビジネスロケーションの中にありながら特別感を味わえるネイチャーイルミネーション(汐留地区B街区、サンクン広場)

煌びやかに光り輝くクリスマス装飾「BAY SIDE CHRISTMAS」(ヒルトン横浜)

商品コラボレーションを記念したエントランス装飾(日本製紙クレシア×第一園芸)

DAIICHI-ENGEI SINCE1898