WORKS

商業施設
空間演出

演劇の街・日比谷の象徴であるダンスをイメージした シンボルオブジェで5周年を祝福 (東京ミッドタウン日比谷 CELEBRATION FIELD OF FLOWERS)

2023.5.17

日比谷を訪れる人の憩いの場として親しまれている日比谷ステップ広場に、東京ミッドタウン日比谷の5周年と春の訪れを祝う祝祭空間「CELEBRATION FIELD OF FLOWERS 」を装飾しました。

CONCEPT

春の花が咲き誇る花壇の中心には、劇場の街・日比谷の象徴のひとつである「ダンス」をイメージした第一園芸のトップデザイナー新井 光史デザインのシンボルオブジェを設置しています。

「ダンスには時代や国境、言語の壁、性別や年齢など全てを超える力があり、ボーダーレスな世界の象徴、そして劇場の街・日比谷の象徴のひとつ。踊り出してしまうようなポジティブな気持ちを込めデザインしたので、訪れた方の心や体が踊り出すようなオブジェになればうれしい。」と新井はコメントしました。

花壇やプランターに使用する土には、リサイクル率100%の環境にやさしい人工軽量土壌を使用しSDGsにも配慮しました。

SPECIAL FEATURE

昼は春の暖かな日差しと花のエネルギーを感じるパワフルな印象の空間に。夜はライトアップを実施し、柔らかで幻想的な光に癒されるドラマティックな空間へと変化する、昼と夜で2度楽しめる演出となりました。

また日比谷ステップ広場の周辺も鮮やかな花のハンギングやプランターで装飾し、春の訪れとともに楽しむ華やかな記念イベント「HIBIYA ANNIVERSARY」に彩りを添えました。

関連事例

「笑(SHOW)」をテーマにした東京ドームシティのウィンターイルミネーション(東京ドームシティ)

「Sparkling urban forest」ビジネスロケーションの中にありながら特別感を味わえるネイチャーイルミネーション(汐留地区B街区、サンクン広場)

「ジャパンクラフト」をテーマに伝統技術を取り入れたオリジナルのイルミネーションを装飾(東京ミッドタウン八重洲)

DAIICHI-ENGEI SINCE1898