WORKS

オフィス
空間演出
インドア

商品コラボレーションを記念したエントランス装飾(日本製紙クレシア×第一園芸)

2023.10.24

2023年秋にリニューアル発売した日本製紙クレシア社の『スコッティ フラワーブランド』に第一園芸が花の監修で参加。コラボレーションを記念して、第一園芸の本社エントランスを『スコッティ ティシュー フラワーボックス 250組』を使用して装飾を行いました。

CONCEPT

「スコッティ フラワーボックス」と「スコッティ フラワーパック(トイレットロール)」のデザインコンセプトは〈花屋さんのような彩りを。〉

毎日の暮らしに〈花屋さんのような彩りを。〉という思いを込めた商品であることから、第一園芸では2012年秋からこれらの商品パッケージの花に関する監修を行っています。

今回のリニューアルで11年目を迎える企業コラボを記念して、OASEEDSが制作した「秋の訪」のエントランス装飾をベースに、第一園芸のトップデザイナーである新井光史が180箱の『スコッティ ティシュー フラワーボックス 250組』を使って、第一園芸本社のエントランスを新たに彩りました。既存の装飾と5色のボックスを巧みに組み合わせ、ティシューを使ったオリジナルオーナメントや花とともにデコレーションしました。

SPECIAL FEATURE

和紙のように見えるオーナメントはティシューを何枚も重ねた上に、ボックスのカラーをイメージして着色した新井オリジナルのデザイン。装飾に組み込んだ、開封したティシューの先をボックスの色に合わせてほんのり染めているのも新井ならではの遊び心です。

関連事例

「Sparkling urban forest」ビジネスロケーションの中にありながら特別感を味わえるネイチャーイルミネーション(汐留地区B街区、サンクン広場)

煌びやかに光り輝くクリスマス装飾「BAY SIDE CHRISTMAS」(ヒルトン横浜)

執務室壁面上部に植栽パネルをあしらった、緑あふれるオフィス装飾

DAIICHI-ENGEI SINCE1898