DOWNLOAD

2018年10月

花と器と空間の関係(和)

花材:ダリア(各種)/紅葉ヒペリカム/トサカケイトウ/グミの実/アイビー/リシアンサス

花は自然に咲いている姿が美しいのですが、切り取って器にさして空間に飾ると別の美しさを醸し出します。花、器、空間を意識して花を飾ると素敵に飾れると思います。
畳のお部屋であれば、季節の枝物(桜、椿、コブシ、紫陽花、ツツジ、など)をお勧めします。もちろんマム(菊)、クレマチス、ナデシコ、日本が原種の花は言わずもがなですがしっくりきますが、洋風の花をさしてもも素敵です。合う器は漆の器、竹籠全般、素朴な磁器、素焼きの器などが良いでしょう。

2018カレンダー全体コンセプト

テーマ “NEO Classic”

永年お花に関わる仕事をしていると、花もファッション同様に流行やトレンドのデザインがあると感じます。
今回カレンダーのお花をデザインするにあたって3つのことを意識しました。

まず、最初は花や植物以外の素材は使わないデザインであること。
つまり、花にリボンやアクセサリー等をつけて、華美で装飾的なデザインにならないよう注意する。

次に職人的なテクニックを重視するデザインではなく、多くの方が、どこかで見たことがある懐かしいデザインを心掛ける。

最後に各月の違いがわかりやすいよう、花の色は勿論、花と背景色の組み合わせも意識してデザインする。

以上、全体的にクラシカルなデザインをベースにした上に新しいテイストをプラスしたイメージに仕上げました。

スマートフォンから止めもなく押し寄せてくる画像に疲れたらこのカレンダーをご覧いただき、リラックスしていただければ幸いです。
また、世間では10月上旬からお節料理の販売が始まり季節感が失われつつありますが
その月でしか感じることが出来ない季節感をカレンダーの花で感じていただければ光栄です。

素敵な一年をお過ごしください。

新井光史

このページはパソコン用壁紙カレンダーのダウンロードページです。お手数ですが、パソコン用環境からご覧ください。