トップメッセージ

取締役会長 植草 慶一 代表取締役社長 田中 浩
左:取締役会長 植草 慶一  右:代表取締役社長 田中 浩

当社は、1898年(明治31年)三井家別邸内に設立された三井農園を起源とし、そのパイオニア精神と迎賓の心を受け継ぎ、西洋式花きの育種・栽培・販売にいち早く取り組み、高度な専門知識と技術による日本の園芸文化を創始し、西洋式装花の礎を築いてまいりました。

時代の変遷とともに花き園芸業界においても市場環境が大きく様変わりする中、私たちは「伝統と革新」の思いを胸に、これまでの婚礼装花・店舗販売に加え、法人のお客様とのお取引、オフィスビルの屋上・壁面緑化や造園・庭園管理などの緑化事業、ショッピングセンターでのLEDによるイルミネーションをはじめとする、季節の空間装飾事業など、幅広く新たな事業に取り組んでおります。こうした事業を通じて、私たちは、一人ひとりのお客様に「花と緑に囲まれた潤いのある豊かな生活」をお届けし続けたいと願っております。

日本の四季を感じる様々な年中行事や大切な方への贈り物に「どんな花や緑を選べば良いの?」「上手な育て方は?」「自分の思いをセンス良く表現するには?」など、お客様がそんな思いを持った時、いつでも気軽にご相談ができ、的確にご助言・ご提案できる「花と緑のコンシェルジュ」=「お客様にとってのお気に入りのマイ花屋」であり続けたいと思います。

また、様々なビジネスシーンにおけるニーズに対しても、「スピーディーかつ上質で安心できる対応をしてくれる便利な会社」「花と緑の専門家だけでなく、技術力とデザインセンスをもったデザイナーや建築士、電気工事士もいる、幅広いニーズにお応えするプロフェッショナル集団」であり続けたいと思います。

そのためにも、私たちは、「お客様のために」の姿勢を貫きながら、お客様にとっての本当の価値を持つ商品・サービスを全社一丸となって追及し、たゆまぬ変革努力を続け、お客様に期待を超える感動の商品・サービスをお届けいたします。

2017.04.01

取締役会長 植草 慶一
代表取締役社長 田中 浩

ページの先頭へ戻る