沿革

1898年

三井家別邸付属「三井農園」設立

時代の最先端の設備を誇る園芸試験場で当時の日本では珍しい高級輸入花卉・果物・観葉植物・洋蘭・カーネーション・バラ・ブドウ・メロン等を栽培。
皇室への献上や三井家の装飾などにも活用。当時は「洋蘭といえば三井農園」と呼ばれるほど多くの品種を作出した。

三井農園

1951年 三井農園販売部・青山営業所開設 一般への花き販売を開始。
「第一園芸株式会社」設立 本社社屋(青山)
(有)青山生花市場を設立 充実した仕入れ先の確保。
三越日本橋店出店
種苗部・小売部に加え、
造園部・生花部を設立
造園業・装花業に進出
永島四郎(日本人初の
フラワーデザイン海外留学生)
当社取締役就任
永島四郎
1954年 伊勢丹新宿店出店
1955年 第1回全種連花卉種苗審査会で
当社開発のきんせんか“連”が
1等農林水産大臣賞受賞

以降、当社開発品種が様々な賞を受賞

本店(青山)

1960年 胡蝶蘭の支柱を使った仕立てや、
3本立、5本立等の寄せ植えを考案
オリジナル商品「フラワーマット
(シート状花壇)」発売
翌年、フラワーマット米国輸出開始
フラワーマット(輸出用梱包積込)
1962年 ホテルオークラ開業とともに
婚礼装花店舗を出店
1964年 東京オリンピック選手村・沿道等の
苗生産及び植栽を担当
東京オリンピック 1964
1970年 大阪万博会場の入口広場造園を担当
1973年

富士小山農場全体竣工
(100ha・約4万坪)

組織培養技術をアメリカから導入

組織培養

富士小山農場(全景)

1974年 迎賓館開館に伴い花卉装飾を担当
青山フラワービル竣工
青山フラワービル竣工
1975年 生花の花束を期日指定で全国配送
(日本初)
佐藤栄作元総理の国民葬の装花担当
(日本武道館)
佐藤栄作国民葬
1987年 オランダ駐在事務所
(DAIICHI SEED HOLLAND)を
アールスメア市場内に開設
1989年 世界らん展のフラワーデザイン部門
で当社社員が最優秀賞
(建設大臣賞)受賞
以降、各種フラワーデザイン大会にて当社社員が優勝・入賞
1990年 国際花と緑の博覧会(大阪)に
運営管理・植栽工事等で参画
花博マーク(新宿NSビル)
1992年

エーゲプランテック
花卉園芸(有)設立

国際園芸博覧会フロリアード
(オランダ)出展、銅賞受賞

トルコでカーネーション栽培

エーゲプランテック

2000年 オリジナル花苗
「ブリエッタ」販売開始
一般向花苗卸売り開始
2005年 ベルギーの
世界的フラワーアーティスト
「ダニエル・オスト」と業務提携
同氏の日本での展覧会の装飾実務を担当
2008年 フラワーデザイン協議会
ジャパンカップにて
当社デザイナー新井光史が優勝、
内閣総理大臣賞受賞
ジャパンカップ優勝(新井光史)
2009年 帝国ホテル東京、同ホテル大阪の
婚礼装花を受託
2010年 帝国ホテルプラザ店 出店
2014年 装飾緑化事業の統一ブランド
「Plants DECO」スタート
東京ミッドタウン イルミネーション 日本橋三井タワー 春装飾
2015年 三越銀座店 出店 三越銀座店三越銀座店

ページの先頭へ戻る